冬になると、私も愛車をスタッドレスタイヤに変えています。

愛車をスタットレスタイヤに変えるときの注意点
愛車をスタットレスタイヤに変えるときの注意点

冬になると、私も愛車をスタッドレスタイヤに変えています

冬になると、私も愛車をスタッドレスタイヤに変えています。朝は路面が凍結している事も多く、たまに京都や奈良などの積雪地域に行くこともあるので、安全に走行するためには必要不可欠です。

スタッドレスタイヤに変える時の注意点は、タイヤの寿命をしっかりと見極めることです。
セルフチェックできるので、交換前に必ず確認しています。いくらスタッドレスでも、摩耗しているとか古くて固くなっていると、性能が落ちて意味がありません。
メーカーの説明だと2〜3シーズンは持つらしいですが、変える前にプラットフォームの段差などを確認し、使えるかどうか見極める必要があります。また、仮にプラットフォームが露出してなくても、数年経過した古いタイヤはゴムが劣化し固くなるので、ブレーキが効きにくいそうです。
凍結した路面や雪道でブレーキ性能が落ちれば危険なので、安全性を考えれば古いタイヤは使わない方が無難です。
タイヤに製造年などが表示されているので、交換前に必ず確認した方が良いでしょう。
運転にも注意が必要です。
夏タイヤと同じような運転は危ないのです。
特に、雨の日に高速道路を走る時、夏タイヤよりもハイドロプレーニング現象になりやすいと聞きました。
そのため、特に大雨の日は、安全速度での運転を心掛けなければなりません。

おすすめ



Copyright(c) 2017 愛車をスタットレスタイヤに変えるときの注意点 All Rights Reserved.