車を所有していると、毎年必ずやらなければならないことがあります。

愛車をスタットレスタイヤに変えるときの注意点
愛車をスタットレスタイヤに変えるときの注意点

車を所有していると、毎年必ずやらなければならないことがあります

車を所有していると、毎年必ずやらなければならないことがあります。冬になったら、冬用のタイヤに変えなければならないということです。

場所によっては、必要のない所もありますが、ここ数年の日本はどこで雪が降るか分かりませんので、冬になったら冬用のタイヤに変えておいた方が無難かと思います。
冬用タイヤのスタッドレスタイヤは、雪などの冬の悪天候用に作られていますが、ずっと雪道を走るわけではなく、乾いた道路も走ったりします。乾いた道路を走った時には、ノーマルタイヤでの走行のようにはグリップしません。グリップしないのでノーマルタイヤと比べて、ブレーキの利きも悪いのです。

あと、スタッドレスタイヤにしているから大丈夫と、雪道を飛ばす人がいますが、それもダメです。
凍っている道路で1度滑り出すと、車はコントロールできなくなりますので、スタッドレスタイヤにしていても雪道や凍っている道を走る際は過信しないで、安全運転を心掛けていただきたいと思います。

おすすめ



Copyright(c) 2017 愛車をスタットレスタイヤに変えるときの注意点 All Rights Reserved.