雪国に住んでいると、スタッドレスタイヤは欠かせません。

愛車をスタットレスタイヤに変えるときの注意点
愛車をスタットレスタイヤに変えるときの注意点

雪国に住んでいると、スタッドレスタイヤは欠かせません

雪国に住んでいると、スタッドレスタイヤは欠かせません。雪国とまでいかなくても、道路が凍結するとノーマルタイヤでの走行は危険です。
多少なりとも、雪が降ったり路面が凍結したりする地域では、スタットレス着用が安心でしょう。
とはいえ、タイヤはとても高価なものです。
少しでも安いものを、もしくは4本中2本だけなどと考える人もいるかもしれません。
しかし、スタットレスは4本セットで変えなければバランスが悪くなって、逆に危険です。

スタッドレスタイヤに変える時にはいくつか注意点があります。
スタッドレスタイヤは雪道には強いですが、乾燥した道路や雨には弱い性質があります。ハンドルが重く感じますし、雨の日は特にスリップしやすくなっています。
前輪2本だけを交換すると、確かに路面凍結には多少効果はありますが、晴れた日や雨の日にはバランスを保つのが難しく、重大な事故に繋がる可能性もあります。4本セットで割引になっていることも多いので、必ず4本共交換するようにしましょう。
そして、大きなタイヤほど高価ですが、インチダウンは必ずメーカーに確認してからにしましょう。無理なインチダウンは、干渉の原因となります。
最後に、タイヤのメーカーですが、ブリヂストンをおすすめします。他のメーカーに比べると桁外れに高いですが、良いゴムを使っているので安心です。
ゴムは時間が経つと硬くなる性質があるのですが、ブリヂストンのタイヤなら最小限に抑えられます。走行距離にもよりますが、一度買うと3〜4年はもちますので、愛車と自分自身のためにも、ここはケチらず一流品を選びたいところです。

おすすめ



Copyright(c) 2017 愛車をスタットレスタイヤに変えるときの注意点 All Rights Reserved.