スタッドレスに変える時は、まず購入の段階から注意が必要です。

愛車をスタットレスタイヤに変えるときの注意点
愛車をスタットレスタイヤに変えるときの注意点

スタッドレスに変える時は、まず購入の段階から注意が必要です

スタッドレスに変える時は、まず購入の段階から注意が必要です。

スタッドレスのグリップ性能のキモは、ゴムの柔らかさです。
新品タイヤのゴムは当然柔らかく、氷上でもしっかりとグリップします。
しかし、スタッドレスのゴムも劣化すると、固くなってきて徐々にグリップ力を失います。これが悪いことに、使わなくても置いて置くだけで、徐々にゴムが劣化して固くなってくるのです。
保管方法にもよるのですが、屋外に放置して直射日光や雨に当たっていると、当然劣化は早くなります。
スタッドレス・タイヤを購入する場合は、まずは製造年月日を確認して新しい物を購入しましょう。次に、保管方法を確認することです。
駐車場などに展示しているものは、当然劣化している可能性があります。製造年月日が判らない場合は、各メーカーのニューモデルの中から選べば良いのです。
古いモデルは、製造年月日も古い可能性があります。
条件の良いスタッドレス・タイヤは、当然価格も高めで出ているとは思いますが、安いのを買って、イザという時に役に立たなければ、事故を起こしタイヤの購入価格分ぐらいは吹っ飛んでしまいます。保険のようなものなので、良いものをしっかり選びましょう。

おすすめ



Copyright(c) 2017 愛車をスタットレスタイヤに変えるときの注意点 All Rights Reserved.