冬は道路が凍ったり雪が降ったりと、車にとって大変な事態になることがあります。

愛車をスタットレスタイヤに変えるときの注意点
愛車をスタットレスタイヤに変えるときの注意点

冬は道路が凍ったり雪が降ったりと

冬は道路が凍ったり雪が降ったりと、車にとって大変な事態になることがあります。そのため、車の運転に安心な装備を整えておく必要があります。
その1つがスタッドレスタイヤです。
このタイヤにしておけば、少しの雪ならチェーンを巻かなくても対応できます。チェーンは巻くのに時間がかかりますが、スタッドレスタイヤならずっと履いたままでいいので、時間の節約になります。冬になる前に履き替えて、冬が終わったらまた通常のタイヤに戻します。

でも、愛車をスタッドレスタイヤに変える時には、注意点があります。それは、スタッドレスタイヤの方が消耗が早いことです。
通常のタイヤよりも寿命が短いので、経済的な面を考えれば、本当に必要な時期だけ使うことが好ましいと思います。

でも、スタッドレスタイヤはチェーンよりも便利なので、定期的に雪が降る地方の人であれば、断然オススメのタイヤです。
経済的なことと安全性を考えて、スタッドレスタイヤを使いたいものです。

私は九州で生まれ育ったので

私は九州で生まれ育ったので、雪が降ることはあっても積もることは珍しく、積もったとしても数日以内にすぐに溶けてしまいます。雪が降った時には交通がマヒしがちで、自分の運転技術に自信がない事から、あまり運転しないようにしていました。

数年前、雪の積もる地域に引っ越したので、冬場は多くの雪が積もります。さすがに毎日雪の中で生活するとなると車を使うこともあるので、愛車をスタッドレスタイヤに変えました。
スタッドレスタイヤは、想像以上に雪道での運転がしやすかったです。
詳しい技術については分からないのですが、研究を重ねて作られたタイヤだと感じます。

しかし、周りの人に聞いてみると、スタッドレスタイヤだからといって、必ずしも安心できるというわけではないということでした。
やはり、雪が積もっている中を運転するのはとても危険なことなので、しっかり注意して運転する必要があります。
その他、きちんとタイヤのメンテナンスをしておくことも、スタッドレスタイヤの注意点だと思います。

おすすめ



Copyright(c) 2016 愛車をスタットレスタイヤに変えるときの注意点 All Rights Reserved.